いきるを考えるいのちを踊る
http://iwk-iwo.blogspot.jp/

生きるということ、踊りのこと、星のこと、スピリチュアルなこと、食のこと
さまざまな興味関心について、学びや気づきをつづっています












木星がいて座に入りました☆


木星がさそり座をぬけて、いて座に移動しました☆


でも、金星は、ただ今てんびん座で逆行中で

いて座にぬけた水星ももう少しすると逆行


木星がさそり座をぬける最後の時期には

いかにもさそり座らしい象徴が

いくつか目の前にあらわれました


数年前に、土星という課題をあらわす星が

さそり座をぬけようとしたとき起こっていた事柄と

とても似ているできごとを体験しましたが

今度は、メインとしてではなくサブとして

そんな感じでした


そして、客観的な立場で当事者の方の力になれたことが

とてもよかったと思っています

人生は不思議

星も不思議


あれ?こんな出来事数年前にもあったぞ?


そんなことってないですか?

たとえば、相手が誰であるか、ということはあまり関係なく

起こっているできごとの起こり方、種類が似ている

なんとなくそう感じて、一つにくくれそうな対象

こういった物事を、同じ「象徴」として

言葉で表現することができます


そういったものは、星の世界でいうと

木星以遠の惑星や、ドラゴン軸などにあらわれてくる

気がしていますが、二度、三度と同様の出来事を

体験しているうちに


あれ?知ってるこれ

同じような経験したことあるぞ?


と、以前より楽に対処できるようになります


わたしたちは円のサイクルの中で

違うように見えていて

実は同じことを、何度も何度も経験しながら

その円の抜け方を知っていく


話が戻りますが

現在逆行中の金星が、再びさそり座に戻り

いて座に抜けるのは、来年の年始


先に書いたオーラソーマの

セイント・ジャーメインのボトルのごとく

今は、淡い紫としてさそり座的な要素を残しつつ

だんだんと、いて座色へと変わっていく

そんな時期なのかもしれません


さそり座は、比較的せまい関係の中での

自他の区別をなくしてしまうような

濃くて深い世界ですが

いて座は、そこからぬけて、異質なものを

交流させていくような広い世界を目指します


この一年でどんなことを体験したのか?

身を投じて、何かに集中しきったこと

そうするしかなかった何か

ポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも

どちらでもいいです

大切な何かを見つけた人もいるかもしれない

魂と呼べるようなものに触れたなら

次は、それについて、広い視点から見る目を養う

それについて知る

体験と知を統合して、知恵に変えていく

そんな一年にしていくといいんじゃないかと思います


さそり座木星の色を残す惑星の逆行→巡行が残る今

年始までは、振り返りの時期かなぁ

そんな感じ


きっと有意義な時間になります☆










201.11.13

セイント・ジャーメイン


なに、もう3週間も経ってるの??!

浦島太郎状態です今(汗)


忙しすぎる(@o@;

まぁ、転機というのはこんなもんですね(UvU)


いろいろ書きたいことがありますが

今パッと思いついたのは、オーラソーマのお話


わたしは、ガラスが大好き

中でも透明のグラスにいつもうっとりしてしまいます

それは、時々光の加減で虹色が出現するから


空に虹を発見するとき、なんて美しいんだろうと

みとれてしまいます

呼吸がふか~くなります


そして

わたしたちは、こんなに美しい場所に存在している

その事実だけで、こころが満たされて

幸せいっぱいの気持ちになります


そして、久しぶりにオーラソーマの透明って

どんな意味だっけ?とネット検索

意味としては「浄化」になりますが

その検索とともに、オーラソーマボトルの一覧をみたとき

ふと吸い込まれるように気になったボトルがありました

今まで意識したこともないボトル


わたしがアクアセスしたというより

あちらからアクセスがあった、かのような

そんな感覚でした


選ぶつもりもないのに引き寄せられたボトル

そのボトルは、きれいな藤色のボトル

マスターボトルの一つで

その名は、セイント・ジャーメイン

「変容」をあつかうボトルでした


そして、そのボトルの支配性は、木星


最近、さそり座や木星からの象徴が

目の前にバンバンやってきます


でも、よく考えたら

以前から藤色のエネルギーには

よくよく触れてました


昔、愛用していた香水の色は藤色

浴衣を買いに行ったときに

店員さんが一目散にやってきて

あなたに似合うのは、絶対にこれ!!

と差し出してこられた浴衣が藤色


今にはじまったことではありませんでした

でも藤色って、わたしにとって

あまりさそり座的イメージがなかったので意外


それでも、まとうと心地のよい色には

違いないですね^^


さらに、そこからつづく導きがあって

わたしが、いつか会いたいと思っていた

人たちの中の一人の方が開催される

スピリチュアルな踊りのワークに参加してきます


たとえば、音楽、歌、踊り、香り

これらはすべて、意識の変容を促してくれる

わたしたちに与えられたすばらしい宝です


幸せというものは、すべて自分の中にある

その事実を、言葉を介すことなく教えてくれます


これらの行為の中には、神さまが宿っている

そう言っても決して過言ではないでしょう


少し話がそれましたが、ずっと好きな色

気づくと見の周りによく存在している色

そんな色を見つけたら

自己理解に、また、新しい道の発見のために

ぜひ、その色の意味について調べてみてください☆

個人的に、オーラソーマの解釈は

とても役に立つと思っています










2018.11.6

夢の言葉


ブログを放置しまくっております(汗)


いつの間にか100件をゆうに超えている記事

大切なことを書いている記事もあるので

再掲していこうかなぁとも考えています


ちなみに、このブログを開設したのは2013年

臨床心理学、踊り、占星術など、さまざまな学びの中から

踊りのヒーリングのアイディアが生まれ

占星術も本格的に学びはじめたことから

ブログを開設することにしました


さて、前回、最後の最後で消えてしまった文章(T_T)

こちらは、くやしすぎて

まだ手にする気になれませんっ(笑)


という事で、今日は短いですが夢のお話


心理学的にとらえると

夢は潜在意識からのメッセージ

ということになります


生きているといろいろなことがありますが

悩みというのは

自分がどうしたいのかわからない

そんな状態から起こるわけで

何か悩みごとや迷っていることがあるとき

夢に注目してみると

本心が見えてくることもあります


ここ一年以内にみた夢で、印象的な夢を一つ


誰か大人が、三人の子どもに向けて

それぞれの才能を伝えていて

わたしは、大人の背後からその様子を眺めてる

そんな夢でした


一人目、何を言っているか聞こえません

二人目も何を言っているのか聞こえません

三人目、あなたは、星の声を伝える才能があるから

その声を本にしなさい


そんな言葉を述べていました思います


この夢をわたしなりに解釈すると

わたしの才能(生まれる前に決めてきた課題)は

3つあり、最初の二つは

まだ潜在意識の中に眠ったままで

自覚(意識化)できていない

自分自身で気づけていない、とか

扱えていない才能ということですね

気づけていないので、聞こえないし

使えません


三人目の子どもに伝えている声は

最初から最後まではっきりと聞こえました


つまり、意識化できている力ということ

潜在意識で思っていることと

顕在意識(自覚できる意識)で思っていることが

一致している状態


夢の中で知らない何か、きこえない何かは

自分自身の可能性を示しているといえます


だから、迷っている時や悩んでいるときは

知らない場所にいたり、知らない人が出てきたりしやすい


それらの夢がとらえられる何事かにかわってきたら

潜在意識のレベルでは

もう問題解決に至っているということの

お知らせともとれる訳です


心理学的にみれば夢は

自分をよりよく知るためのツール☆


解釈の正解はありません


あるとすれば、夢を見た本人による解釈

なぜなら、24時間、365日ひと時も離れることなく

ずっと一緒にいるのは、自分以外の誰でもなく

わたし自身だからです☆










2018.10.16

最後の最後で


か、書いた記事が最後の最後で…





っ!!(>_<)


結構いい感じに書けていたので

あまりにものショックに

その事実のみをご報告~(T_T)










2018.10.3

タロット一枚引きを4回した結果―わたしは死神?!


タロットカード78枚あります


わたしは、幼いころ

タロットでもよく遊んでいました


この数年、何かカードがほしいなーと

思っていたんですが、この春先

ブライアン・ワイス博士のWSにて

偶然にもカードをいただき

その素晴らしい言葉とともに

節目節目で利用しています


今年の誕生日に引いたカードはこちら☆









二つのテーマを引きました

二つ目は、なんとなく二枚引きたくなったので

合計3枚となりました

(カードの引き方って、とくには決まっていません

直感で引くのが一番かなと思ってます)


でもやっぱりタロットもほしい

そう思っていた矢先

今度は、何の前触れもなく

タロットを持っているという女性が

目の前にあらわれ

わたしにカードを見せてくれました


うん、これは買おう!ということで即購入


そうしてタロットカードが届き

しばらくmy祭壇にお供えにしていたのですが

ふと、気になり

一枚引きで引いてみることに

(こういう時は、カードに呼ばれてます)


タイトルのとおり

78枚すべてのカードを用いて

今気になっているテーマ、4つについて

カードを引きました


その結果、どうなったと思います?

4回とも別々のカードが

出たと思いますよね??普通は

だって78枚もあるんだから


でも、カードに質問者の気がのっている場合

結果には、偏りがあらわれます


わたしの結果

出たのは、二種類のカード


つまり、4回のうち、二度

同じカードが出たということです


78枚のカードを使って、毎度シャッフルし

二種類のカードしか出ないこの確率(汗)


そういうことが普通に起こるのが

カードの世界です


このうち、興味深いテーマとして

「わたしとは?」と尋ねた

一回目の一枚引き


まさに封切してすぐのリーディングの出来事です


出たカードは、なんと「死神」

ギョッ!

(でもなんとなく予感はしていた…なんで?(笑))

しかも、カードを引いた瞬間

まさにその瞬間に地震が起こったという(((^^;


なんだこれーーー!!もう地震はいらーん!!(>_<)

と、反射的にカードを伏せていました


わたしの場合、こういうシンクロ的なことが

わりと起こるんですが

それによって、そこから否応なしに

死神の象徴について

しっかりと調べることになりました(笑)

(勉強せざるを得ない方向へ

カードによって導かれた、ともとれます(^^;)


でも、それだけインパクトのあるカードなんですね

出てよかったよね、一枚目にコレ、って思っています


さて、死神のカード

一見ゾッとしてしまいますが

カードがあらわすものは、あくまで「象徴」です


死神とは、はたして人類に対して

一体どんな比喩を持っているのか


このカードは星座でいうと

さそり座に相当します

つまり、精神的な意味での生死=「変容」が

キーワードであるということ


わたしの人生にとって

変容そのものがテーマとなっていると言うことですね

変容する者であり、変容をうながす者


変容とは、姿かたちは変わらなくとも

こころが変わること


こころがかわれば

見える現実も変わってきます


今、目の前にあるものは

実はすべて、自分で選んだものです


目の前の現実に違和感を感じるなら

それは、もしかすると、無自覚に

自分にうそをついて

生きているのかもしれません


今までのわたしにケリをつけ

より本質的な人生へと導いてくれるのが死神

実は、とってもありがたいカードです


また、たかがプリントされただけの絵柄に

反射的にに、ギョッ!としてしまうくらい

エネルギー的にも強いカードであることがみてとれます


まぁでもよく考えると、だいたい

どこに行ってもエネルギーが強いとか

言われてきたなぁ~と

今、ふと思い出しました


そしてわたし

たしかに変容という言葉が大好きです

この変容を経験するたびに

より本質にちかい人生が輝きをあらわし

見識も広がっていきます


だから今、こうしてブログが書けている

ということもあります


わたしの人生が変容そのものであるから

占星術などを利用しつつ

人の変容のお手伝いもできるんでしょうね


百戦錬磨という訳には、いきませんが

スッキリする方、人生が楽しくなる方

売り上げがあがってしまう方?!

思わずハグしてくださる方??!♡まで(笑)


死神のカードの絵柄からもみてわかるとおり

結局は、自分に正直に生きているかどうか

ということです


うそをついてたら

死神にバッサリやられてしまいます

(もちろんそれは

より魂のテーマに沿って生きるため^^)

が、正直に生きていたら、やられません


死神はとてつもなく純粋なエネルギーということでしょう


だいたい、お金や権力目当てだけで

生きていると、やられちゃうみたいですね


はい、ということで

わたしにかかわると、みなさま変容コースです(笑)


うん、でもそういわれてきたし

自分でも納得できます

求める方とは、そういう話になっちゃうのね、いつも

時間を忘れて深い深い話になります


やっぱりせっかく生まれてきたんだから

一人一人の人生がさまざまに

よりよいものであってほしい


ちなみに、「わたしにとって踊りとは?」と

質問した結果、ペンタクルの10☆豊かさです☆


「いっこと踊ると楽しい!」

これも過去にいただいてきた言葉ですね(UvU)


カードがおもしろくてやめられません(笑)










2018.9.27