いきるを考えるいのちを踊る
http://iwk-iwo.blogspot.jp/

生きるということ、踊りのこと、星のこと、スピリチュアルなこと、食のこと
さまざまな興味関心について、学びや気づきをつづっています










もうすぐ春分


さぁ、春分ですね~☆


春分と言えば、星の世界では

ここから新年がはじまるといわれています

だから、この一年がどんな年になるかを

みるときは、春分図を参考にしたりします


最近は、ご自身で星を読まれる方々もふえて

すごいなって思います!


でも、今日わたしが話したいのはそこじゃなくて

個人的に、お彼岸やお盆って

ご先祖さまからのメッセージを

受け取りやすいような気がしている

ということです


占星術の先生は、たしか

春分は宇宙からのメッセージが

入ってくると言っておられたような、、、


人の一生は、おひつじ座ではじまり

うお座に終わるというのが、占星術の世界のおはなしで

うお座とおひつじ座の境目である春分点が

ちょうどあちらの世界ということになるんですよね


わたしにとっては、春分とお盆が

先祖からのメッセージをダイレクトに受け取れるとき


だいたい

決めかねていることの答えを受けたり

これから起こることを

事前に知らされる形がおおいです


そして、ほぼ、そのとおりになります

(ほぼ、というのは、やはり自由意志の

選択肢がのこされているんだと思います)

自分がどうこうするというより

自然にそうなってしまう感じ


夢を妄信するのもどうかと思う

(↑結構現実的)ので

夢をみたからといって、それらを自発的に

行動するということは、ほとんどありません


たぶん夢にみて、しっかりとその情報を

受け止めた時点で勝手に叶っちゃうんだな

夢は、深い催眠でみるヴィジョンに近いと思います


明晰夢を経験している方のなかには

気づいていらっしゃる方もいると思うのですが

この世は夢なのです


夜みる夢も、目の前にみる現実も

結局みんな同じ


夢の中に目覚めてしまえば

現実もただの夢の一部でしかないことが

身体で理解できるようになります


ぜひ、夢に目覚めてみてください!(笑)

だれでもできる♪


でも、そこにからめとられちゃうと

精神科云々なお話になるわけで

だから現実は現実としてしっかりと生きるんですどね

夢の現実も、この現実も

どちらもともに大切な世界であることに

かわりはありません(UvU)


だけど、確実に人生は変わります☆

とりあえずは、春分の夢に注目♪^^










2019.3.18

『皇帝ペンギン』にみるソウルメイト


はぁーーー、少し時間ができましたー(xox;


ちょっとロマンティックなお話♪^^

わたしには、心底感動した映画があります


もうかれこれ20年くらい前にみた

映画『皇帝ペンギン』


皇帝ペンギンの生活をおった

ドキュメンタリー映画だったんですが


その中で、ずっと焼きついて忘れられない

とても心が惹かれるシーンがありました


皇帝ペンギンは、繁殖期になると

北極のある場所にいっせいに集合します

そして、パートナーを見つけ、子づくりをして

極寒の冬をのりきるため

みんなで協力して子育てしていく訳ですが


人間にもいろんな人がいるように

皇帝ペンギン界にもいろんなペンギンがいて


でも、ペンギンの中には、毎年、毎年

同じパートナーとパートナーシップを組みつづける

カップルがいるということ


わたしは、自然界の中で

人間の婚姻制度のように誰に強制された訳でもなく

こんな選択をできる動物がいるんだ!って

ほんとうにこころから感動しました


そして、そのペンギンカップルの再会シーンが

今でもこころに鮮やかにのこっています


ステキでしょう?^^

わたしにとって、とても大切なお話(UvU)


当時は、そんな言葉を知る由がなかったんですが

たぶんこれは、踊りをはじめたと同時に

様々なヴィジョンをみはじめ

それによってたどりついた、"ソウルメイト"

という概念にあたいするんだと思っています


あの感動は、わたしの人生に、何らかの

つよい意味をもたらせているであろうことを

直観的には理解しているんですが

現実はなかなかついてこず(^^;


でも、やっぱりわたしには

あのシーンを忘れることができないし

その皇帝ペンギンカップルのような

ほんとうのパートナーだけでいいと思ってます


こころの奥底からあふれる

生涯かわることはないであろう、純粋な想いです


きっと、何かの約束があるんでしょうね(UvU)


ほんとうに感動的なシーンなので

ご興味ある方はどうぞ♪









2019.3.15

【再】赤ちゃんの前世、中間世、胎児記憶にのっとって


最近、忙しさにかまけて

更新が滞っておりまーーーす(-_-;


でも、実は、こちらのブログ

すでに100件の記事をこえておりまして

中には、一瞬で消えちゃうには

もったいない記事もいくつかあるので

少し前から考えていた再掲☆

こちらもはさみながらつづけて参りたいと思います^^


読み直してみて、全然、赤ちゃんやってきてないんだけど

でも、この件に関して

少し不思議な出来事も起こっています

が、そのお話はまたいつか♪^^


わたしには、中間世?胎児?のときの記憶があります♪

記憶がある人もない人も

わたしたちは、みんなうまれる前に

人生の綿密な計画をたてて生まれてきているのだそう♪


胎児記憶について研究されている

池上明さんのご著書は

おとなになったわたしたちが

この人生をもう一度見つめなおすために

とてもオススメの一冊☆一押しでございます♪


2019.3.12






以下、再掲☆

-------------------------------------------------------------------------------------------------

今週みた映画は

『モアナと伝説の海』

(また映画の話?という、、笑)

この映画もずーっとみたいと思いながら

みれていなかった映画


映画館の公開中には

ポスターをみた母親が一言

「この子、いっこちゃんみたいね」


ターザンの前世があるわたし(笑)

あながち間違いではありませんし

これ以上ない誉め言葉でございました☆


印象的なシーンは

赤ちゃんだったモアナが体験した

自らの意思をもつかのような海とのたわむれ


大きくなったモアナは

その体験をただの夢だと思っていました


そして、この映画のキーパーソンとなる

不思議な力をもつおばあちゃん


そのおばあちゃんは

幼いころの豊かな感性が消えないまま

大人になることのできた女性


モアナの体験が、夢ではなく

現実の記憶であることを教えてくれます


わかるわかる!すごくわかる!

以前の記事にも書いてますが

わたしには中間世もしくは胎児の記憶があります

そして、わたしもそれは夢だと思っていました

でもこの半年、わたしの手元にやってきた

情報たちを整理していくと

決して夢ではないことがわかりました


さらに色々調べていくと

池上明さんというお医者さまの書籍にあたり

数冊購入して読了しましたが

たくさんの赤ちゃんが語る、この世に生まれてきた理由


どうしてお母さんを選んだのか

うまれる前はどこにいたのか

生まれるときはどうだったか、など

さまざまなヒアリングによって

得られた事実が記されています


語る子によっては、おどろくほど明晰に

両親しか知るはずもない、生まれる前のこと

パパやママがどのように生活していたかなど

話す子もいたりするよう


そしてなんと

大人になってもこれらの記憶を保持している人は



たったの1%



超、貴重な記憶です

残っててよかったし

この記憶が夢じゃないことを知れてよかった


この記憶が今

確実に生きる意味となり

エネルギーとなっています


池上先生の調査された結果によると

わたしたちはみんな

自ら今の人生を綿密に設計した上で

生まれてきているとのこと


これらは、幼いこどもたちが

口々に教えてくれたことです

なんてすてきな研究☆


それにしても、わたしが日々思うこと

こどもたちは全然こどもじゃないですね

賢者です

わたしたち大人よりも断然かしこい


あたまをつかった賢さではなく

ハートと全身で表現するかしこさ


わたしには姪っ子ちゃんがいますが

姪っ子ちゃんが遊びにくるたびに

いつも新鮮で純粋な在り方を

教えてもらっています


そして、こどもが一人いるだけで

周りの大人も確実にこどもがえりをしている(笑)

とても大切なことですね(UvU)

わたしの先生の一人は、姪っ子ちゃん☆


姪っ子ちゃんは

気功やこころを学ぶことと同じように

ほんとうの「力」を教えてくれます


さぁ、書こうと思ったことはここからです!

(?!(笑))


先日、ツイート欄に書いた姪っ子ちゃん事件!!

前世記憶ということになるのでしょうか?

思い込みかもしれないけど、衝撃でした!!


興奮のあまり、ツイート欄に速攻でアップしましたが

こちらにもきちんと記しておきましょう☆


先日、姪っ子ちゃんとお絵描き中

「生まれる前はどこにいたの?」と質問してみたところ

「ベンタ!」と言いました

「じゃあ、ベンタを描いてみてくれる?」とお願いしたところ

「うん!」と言って、意気揚々と描いてくれました

真っ白な紙にあらわれたのは

紙いっぱいの大きな円に「目、目、鼻、口!」と

描き上げてくれた大きなお顔

「これは、ベンタ?」と質問すると

「うん、ベンタ!」と言いました


この日の夜、眠りにつく前に

これらの出来事がなんとなく気になり

ベンタってどういう意味だろう?何語?と

興味本位でベンタという言葉について調べてみると

どうやらスペイン語のようで

メキシコの「ラ・ベンタ」という遺跡にあたり

そこには、身体のない人面の石像が存在しました

大きな丸に、目、目、鼻、口!!

なんと、姪っ子ちゃんが教えてくれた「ベンタ」は

本当に存在するのでした(((@o@;


ツイートに加筆、修正した形で載せています

これらは、実際に姪っ子ちゃんとの遊びの中で

答えてくれた事実


ほんとうに驚き!!

人生のすべてを選んで生まれてきたんだとしたら

やはりすべては学び

幸せも不幸も

すべては学びということになります

わたしのことを

わたしのこととして取り組んでいく


今、どこにいますか?

幸せ?

もしそうじゃないなら、変えてしまいましょう

すべてのものは、意識からできています

とどまることも、進むこともどちらも可能

幸せは自分でつくる☆つくれる☆


ちなみに、赤ちゃんには

「赤ちゃんがいつやってくるか」

もわかるみたいです☆


最近、その姪っ子ちゃんがニコニコしながら

わたしの服の首元からおもむろに

ピンクのコアラの磁石を入れてきました

夢の解釈から考えると

飲み込む夢は、懐胎のイメージにつながります

首元から入ったピンクのコアラが、服の裾から

ストンと落ちることは出産のイメージにつながりますね


小さい子の表現は言葉が不自由な分

比喩に満ちているところがあるため

子どものカウンセリングでは

遊びや表現がつかわれたりする訳ですが

(もちろん、大人でも)

少し前に書いた、母の産婦人科の夢

(わたしにとって節目となったタイミングで

「あなたにそっくりな方の出産は、もう少し後です」

と言われたという母の夢)

も気になっているので

「わたしの赤ちゃんはいつ来るかな?」と

質問してみたところ、、、

「もうすぐ来る!」と言われました

「名前はね~、●〇※◎■△」

残念ながら

何を言ってるかわかりませんでした(^^;


さぁ、どうなる未来!!(笑)

それにしても、いのちってすごい☆

あかちゃんってすごい☆










2018.7.5

うそ


人にうそをついてはいけない

そんな教育を受けて育ってきました


でも、なんでうそをついてはいけないんだろう


大人になって、こころの勉強をしながら

考えていました


誰かにうそをつくこと


それは、結局のところ

誰かにうそをついているのではなく

それ以前に、自分自身にうそをついているから

よくないんだと思うようになりました


誰かにうそをつく前に

自分についているうそに気づくこと

それには、しっかりと自分と向き合う姿勢が必要です


ほんとうはどうしたい?

自分にちゃんと質問できている??


うそが人を傷つける理由は

自分自身にうそをついているから


わたしのこころが傷ついてるよって

他者をとおしてやってくるお知らせ


自分自身になるべくうそ偽りのない姿で

この世界に存在できるようになること


この世に、これ以上の悲しみや苦しみを

ふやさなくていいように


難しい修行はいらないかも

ただただ、ひたすらに自分に正直にいること

バカがつくほど正直でいること

素直でいること

いつも晴れやかな笑顔でいられるように

それが難しいからみんな修行をするんだろうけど


でも、自分自身にうそをつかないその姿勢は

自分のみならず

みんなの幸せにもつながっていくんだと思います










2019.2.23


「わたし」が、しっかりとしあわせな状態であること

すべてのスタートはそこからです


わたしたちの一人一人がこの地球を動かしていて

誰一人欠けても、この地球は回転できないということ


一人一人が、しっかりと、「わたし」の幸せにフォーカスします

最初は、物質的なところからはじまるかもしれないけど

それは相当のプロセスを経て変容していきます


今日は、わたしの中にある絶対的な価値を基準に

好きな服を着て、好きな場所でかけて、好きなお料理をいただいて

ステキな一日を過ごしてください


そして、そんなわたしを観察してください

日常とどれほどの差がありますか?

差が大きければ大きいほど、人生はつらく苦しいものであるかもしれない


それなら調整していきましょう

あくまでわたしの価値で、わたしの幸せを増やしましょう

まずは飽きるまで

好きな服を着て、好きな場所にでかけて、好きなお料理をいただいて


わたしがハッピーであれば、まわりもハッピーです

もしくは、あなたがハッピーな状態がわたしもしあわせよ♪

そんな言葉の贈り物をもつ人たちが、周囲に集まりはじめます


天国は行くところじゃなくて、今目の前につくるもの

自らの意思で

今、目の前にある景色は、全部自分で引き寄せたもの

だからこそ、変えられます

自らの意思で


ただ空が晴れているだけで幸せ♪

そんな感じがいいよね^^










2019.2.8