いきるを考えるいのちを踊る
http://iwk-iwo.blogspot.jp/

生きるということ、踊りのこと、星のこと、スピリチュアルなこと、食のこと
さまざまな興味関心について、学びや気づきをつづっています















占星術はやっぱりおもしろい


占星術を学んでいると

自分のことがよくみえてきます


自分の中で

わたしってこういう特徴があるなぁ

となんとなく思っていたこと


その特徴がマイナーなものであったりすると

周りの人との共有が

なんとなくむずかしく感じたりして

自分の中だけの話になっていたりするんですが


あくまで主観だったことがらに

占星術という普遍性をとおして

客観という光がふりそそぐ


そして

そのとおり♪

となるわけです


でも、残念ながら

手に入りやすい本の中に書かれている象徴解釈は

ありきたりの解釈のが多く

ある程度の数を読み終えたら、あとは同じ


でもでも、うれしいことに

最近読んでいる本の中には

また一つ、新しい発見が☆


そのとおり♪

そして

なるほどー!!

な内容が入っていました


わたしが、なぜ心に興味をもち

心理学を学び、踊りを学び

占星術を学び、また食養生を学びはじめているのか


本の中から見つけた一つの解釈に

わたしが目指す道は

「心の統合者」であるということが書かれていました


このまままっすぐ

学びながら進めばいいってことのようです(笑)


やっぱりわたしの天命は

セラピストだったり、ヒーラーだったりするのかな

(MCは魚座なので、その線が有力だと思われますが)


基本的には

時を同じくして生まれてきた方の中にある

よろこびやしあわせを引き出すことが

お仕事なんだと思っています


ホロスコープ・リーディングをしていると

「わるいことを言われたらいやだから」

という言葉をときどきおききします


これはわたしの人生経験からなのですが

点でみると、一見わるいように見えることでも

面で見ると、結果的に前よりよくなってる!人として向上してる!

そんなことばかりです


これは、物事の捉え方や考え方なのかもしれません

無理やりポジティブに考える必要もないし

ネガティブも大切な要素です

(ネガティブを否定することが、そもそもネガティブですね(笑))


光があれば影があり

影があれば光もあるわけで


根本的にこういう思考をするタイプなので

頭の中に「わるい」という概念が少ないのかもしれません


1月につづき

2月のイベントも、雪によって完敗でしたが

3月は、春にふさわしい

あたたかなリーディングが

できればと思ってます

そもそも気候的に陽気が増しているので

占いはいらない?なんて思ったりもしていますが(笑)


やっぱり、せっかく生まれてきたんだから

ひとりでも多くの人に

ただわたし一人、その存在としての

内側からやってくるしあわせやよろこびを

実感してほしい

そのきっかけになるような

そんな時間をご提供できればと思います(UvU)


Happy-Valentine♪♪










2017.2.14