いきるを考えるいのちを踊る
http://iwk-iwo.blogspot.jp/

生きるということ、踊りのこと、星のこと、スピリチュアルなこと、食のこと
さまざまな興味関心について、学びや気づきをつづっています










『テーブルの上の宇宙』

今回のテーマ「生きることと死ぬこと―中間世や胎児記憶とともに考えてみる」

日 時:2019年9月6日(金)19:00-21:00
場 所:大阪市内
    詳細は、決定次第、ご参加の方に直接お知らせいたします
参加費:6,000-8,000円
    お食事、お飲み物代込み
    なるべくオーガニックなお店を探したいと思っています
人 数:3名さまより開催

詳細は、ブログ右側「セッション」より、お問い合せ&お申し込みは、
「お問い合せ」より、よろしくお願いいたします




『"万物としての自己"とのつながりを深めるダンスヒーリング』

日 時: 2019年9月8日(日)14:00-16:00
場 所: 大阪市内
参加費: 6,000円(初回の方)
人 数: 3名さまより開催

詳細は、ブログ右側「セッション」より、お問い合せ&お申し込みは、
「お問い合せ」より、よろしくお願いいたします











お野菜




いただきものの自家栽培のお野菜たち




玄米菜食に食事がシフトしてからまだ数ヶ月ですが

確実にからだは軽く、頭もスッキリしてきている感じ

(これは白砂糖カットの影響かもしれません)


玄米菜食にすると

男性は男性らしく、女性は女性らしくなると言われています

周りの男性を眺めていると

明らかに責任感や、やる気が向上している

男前度がアップしています


わたしはというと

習慣としている筋トレが少しキツく感じはじめました

同じ重さなのに

これはよい意味なのか、よくない意味なのか

まだわかりません

一方で、気功やヨガなどの自重をつかうトレーニングが

ちょうどよい感覚になってきました


玄米菜食にするということは

調味料がどのように作られているか

調味料をつくるための材料には何が使われているかなど

配慮するべきポイントもまたたくさんありますが

少しずつ改良をかさねながら

古きよき日本の食事に戻していっている最中です


わたしが玄米菜食について参考にさせていただいている方は

若杉友子さんという方なのですが

現在は書籍で学んでいるのみ

来年は、講座に参加して

実際に学びを深めてみたいと思っています










2016.12.17